iCURO英語ワークショップへようこそ

Welcome to iCURO English Workshop


小学校教科との連動

2020年4月から小学校では正式な教科として英語教育がスタートします。歌やゲームのお子さま向け英語から一歩進んで、小学校の教科と連動した英語教育が求められています。しかし 「教科内容」にばかり注目すると「話しことば」の側面がおろそかになって、英語の「音」の特徴を捉えられず、「日本人の英語」の枠を出ることができません。両者を同時に満たし、将来仕事の場面でも使える英語はどうしたら身につくのでしょうか。

使える英語へのワークショップ

それに応えるため2020年4月から横浜と川崎で「アイキュロ英語ワークショップ」を開催することにいたしました。 担当者 芹沢マリは、大学で英語と心理学を20年以上教えてきたベテランです。また、大学退任後は、通訳案内業の資格をもとに実務方面の仕事も行い、観光通訳の仕事(仕事名:Ai ) では 星4.8の高い評価を受けています。https://triplelights.com/japan/tour/yokohama-yokohama-oldnew-888

身近な教材から英語を学ぶ

ワークショップで使う教材は「新指導要領対応」対応のNHK英語テキスト(小学生用・中学生用)と、宮崎駿アニメの英語版DVD「魔女の宅急便(Kiki's Delivery Service)・千と千尋の神隠し(Spirited Away)」、および英字新聞「Asahi Weekly」です。

教室は「横浜駅」から徒歩3分、東急東横線「元住吉駅」から徒歩2分の、どちらも安全で便利な場所にあります。各クラスは6名程度の少人数です。満員になり次第締め切りですから、お早めに「お問い合わせ」欄からお問い合わせください。

このような方におすすめです

  • 自分の子どもには 発達年令に対応した 学ぶ価値のある英語を 楽しく学ばせたい。
  • 自信を持って英語を話せる人に育ってほしい。
  • 英語特有のリズムを身につけてほしい。

具体的な効果

  • 子どもの年令に合った 内容のある英語を「聴く・読む・話す・書く」すべての分野で身に付けられる。
  • 自分自身の体を使い、 自信を持って英語を話せるようになる。
  • カタカナ英語ではない 英語特有のリズムが自然に身に付く。